2007年10月17日

JB霞ヶ浦第4戦

■プラクティス
 プラクティスは1週間前の土日に入った。前回の試合はぶっつけ本番だったので、久しぶりにプラクティスした感じだ。

 大山スロープでボートを降ろして、土曜日はまず午前中いっぱい古渡のシャローをチェックした。主にクランクベイトとラバージグでドッグ、アシ、杭、捨て網などを撃っていくが反応なし。

 対岸のジャカゴとかドッグをチェックしようと思い、ゴーグルをかけて気合を入れて移動しようとしたのだが、なんとなく浚渫が気になって寄り道した。

 大山浚渫をフットボールジグでチェックしていくと1100gのバスをキャッチ。あれ?いきなりやること見つかっちゃったかな?さらに美浦の浚渫をチェックしてみるが、こちらはキャットフィッシュとニゴイだけ。もう一度大山をチェックしたが、追加できず。

 夕方近くになってようやく対岸に行き、ジャカゴ、ドッグを軽く撃ってみたが反応なし。

 翌日の日曜日はボートを整備してからスタート。エンジンのリモコンのスロットルが緩んでいたので、それを直した。この日は霞ヶ浦チャプターがあったのだが、チャプターの選手が出払ってから釣り開始。

 前日釣れた大山浚渫からチェック開始。しばらくするとクランクベイトにヒット600gくらいのサイズだが、キャットフィッシュよりもバスの反応があるというのは貴重なことだ。

 さらにちょっと離れた所で、ラバージグに1300gがヒット。ん?浚渫釣れるじゃん。。。何ヶ所か回りながら、昼近くまで大山浚渫をチェックした。

 見渡す限りチャプターの選手は1人しかいない。釣れているのか釣れていないのか、1ヵ所のハンプで粘っている。意外と彼が優勝したりしてなんて思いながら移動した。

 今度は古渡の浚渫に移動。ここはチャプターの選手が数名浮いていた。昼食を食べ、チャプター帰着時間の13時から本格的に釣り込んでみた。ときどきキャットフィッシュらしきバイトがあるだけで、バスは釣れなかった。

 それから16:30くらいまで釣り込んで終了。っていうか、ブログに書いたとおり、エンジンのトリムが動かなくなってしまったので、ボートサービスオオカワさんに連絡して撤収した。


■試合当日
 仕事の都合で前日プラはできなかった。21時頃到着し、そのまま車中泊。5時に起きて準備を開始した。

 この日はもちろん、プラで釣れた大山浚渫で心中だ。プラで釣れたような魚が3匹釣れれば優勝のチャンスだ。ここをクランクベイトとラバージグを中心に釣り込む作戦だった。

 第2フライトのスタートが始まり、大山に向かう。東風がそよそよ吹いていて、西岸の大山に向かうにつれてだんだん荒れてくる。服が濡れるのを我慢し、そのまま大山に到着。

 そうしたら、なんと、船団ができている。。。。珍しく7艇くらいバスボートが浮いている。よくよく見るとエンジンベルトが付いていないので、JBの選手ではなくて他の団体か、一般のアングラーだ。結構波立っていて、かなり居心地が悪いのに、不思議だ。ひょっとしてそんなに釣れているのか?

 よくよく見ると、自分が釣りたい場所は空いているので、気にせず釣り開始。かなり荒れていて、風上に向かってまともにエレキを踏むと、3波に1回くらいバウ沈する。とりあえずクランクベイトからチェック開始。ブレイクに沿って流していきたいところなのだが、風と波でボートポジションがとりにくい。

 途中でラバージグにローテーションしながら、ボトムが特に固いところを重点的に釣り込んでいくが反応なし。

 しばらくして、別のハンプに小移動。ここでも同じようにクランクベイト、ラバージグで探っていくが、キャットフィッシュらしきプルッとしたバイトがあるだけだ。

 ブレイクにそってひと通りチェックして、さらに別のハンプに移動。ここはプラで1300gが釣れた場所だ。プラで釣れた、特に固い部分の周辺だけを念入りに釣り込んでいくが、反応なし。

 風はそれほど強くないのだが、東風をまともに受けて一番荒れる場所だ。ビルジポンプで水を汲み出しながら釣りをしていたのだが、朝より波が高くなってきた。ちょろっと水が入っていくるくらいならいいが、まともに波を受けると、足首に水がかかるくらい激しく水が入ってくる。

 さすがにつらいし、なんといっても釣れないし、10時過ぎに移動することにした。ずぶ濡れになろうが、1匹でも釣れていれば、ここで心中したかったのだが。。。 

 揺れるボートの上でふらふらしながらレインウエアを着て移動した。風裏となる麻生〜玉造のシャローでも撃ちたかったが、この風だし、先行者がたくさんいると思われた。

 なので、あえて西浦北岸方面のシャローを撃つことにした。牛渡方面のドッグに到着。こっちは西岸と違ってベタなぎだ。

 ドッグやテトラをラバージグのスイミング、クランクベイトで撃っていくが反応なし。っていうか、1日浚渫をやろうと思っていたので、いきなりカバー撃ちをはじめてもリズムが合わない。ブッシュでは、絶対使わないと思って、ロッドカバーを付けっぱなしだったフリッピングロッドを持ち出して、ラバージグを撃つが、調子が出でず、ちょっと気合が抜けてきた。
  
 10:30頃移動してきたけど、ところで、何時まで釣りできるんだっけ?帰着は13:10で、ここから帰るから。。。12:30には出ないとなぁ。。。

 とにかく、ドッグなどを回っていった。途中で、もう少し丁寧に釣るかと思い、スモールラバージグのロッドを持ったが、久しぶりのスピニングロッドで、これまたリズムが合わない。ベイトタックルのノーシンカーリグに持ちかえ、カバーを撃つ。

 しかし残念ながらまったく反応なし。時間いっぱい釣りをして、やや荒れた本湖を縦断して帰着した。 

 上位のウエイトはだいたい予想通りで、2500g釣れば表彰台、優勝は2700gくらいだった。ウエイトが読めたところで釣れなければ話にならない。今回は、予報以上に風が強くてちょっと読みが甘かったが、風がなく、浚渫に行ったところで果たして釣れただろうか?それはそれで、また違った展開になったと思うが、優勝の可能性がある釣りができたということで、後悔のない試合だった。


071017-1.jpg 071017-2.jpg

071017-3.jpg 071017-4.jpg

071017-5.jpg 071017-6.jpg

071017-7.jpg 071017-8.jpg
posted by JIMI at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | JB霞ヶ浦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61157461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。