2007年05月23日

JBマスターズ・イースタンリーグ第2戦桧原湖

070519-1.jpg

■プラクティス

 プラは、前週に1日と前日に入った。本当はゴールデンウィークの後半に行こうとしていたのだが、天気が崩れ、ちょっと風邪っぽかったのでやめておいた。

 大会1週間前の日曜日は、強い西風が吹いていた。さらに時期的に考えてもあまり釣れるとは思えず、周りの話を聞いてもあまり釣っている様子はない。

 さすがに第一戦の河口湖よりは検量率は高いと思ったが、1匹が大切な試合となりそうだ。

 釣れないときこそ、ミノー、シャッドの釣りが生きてくると思い、ハードルアー中心で各エリアをチェックして行こうと思ったが、とにかく風が強くて、じっくり落ち着いて釣りができなかった。釣りができる場所でしょうがなくルアーを投げるという展開になってしまい、いまいち手ごたえのないプラとなってしまった。

 結局、メタルジグでサクラマスがヒットしただけ。しかも水面でバラした。

 前日も西風が強かった。朝から風が吹きそうだったので、早めの時間からプラ開始。湖上に出てみると、風は1週間前よりはマシだった。

 月島近くの、「スポーニングエリアとなりそうなシャローエリアの外側のディープが隣接するブレイク」という、いかにもという場所でワンバイト。これはジグヘッドのスイミングだった。

 今度はルアーを決めて、各エリアをチェックして行くが反応なし。試合では唯一見つけたエリアを中心に釣りをしようと思った。

 この日はスレで40cmくらいのイワナが釣れた。

■1日目

 第2フライトの38番。前日にバイトがあった場所に直行する。先行者が3人ほどいたが、一応入れたので釣り開始。ちなみに2人は知り合いだった。

 この日は珍しく無風だった。プラでは風が吹きっぱなしだったので、やっと落ち着いて釣りができる感じだった。

 まずは前日にバイトがあったジグヘッドリグのスイミングで探っていく。

 しばらくすると、知り合いにバイト。1本勝負の厳しい試合だと思っていたので、その魚が奇跡の1匹に見えた。

 ところが、もう一人の知り合いにもバイト。さらには後から入ってきた別の知り合いもバスをキャッチ。

 予想外にも、「祭」状態だった。

 ちょっと沖目で釣れているので、2〜3mレンジにKEITECHバイオグラブ(テールをカット)のキャロライナリグを投入。ズル引きではなく、グラブのフォールで誘い、着底したと思われる頃に巻き上げ、再びフォールを繰る返す釣りをした。

 すると、数投目に待望のバイト!慎重に寄せてきて無事ランディング。これでポイントが取れると思い、ほっとした。

 ところが、ほっとしている場合ではなかった。最終的に同エリアで釣りをしていた選手のうち2人がリミットメイク、1人が4匹で、1日目の3,4,5位となった。ちなみに私は1匹で40位。

 ろくにプラもしていないで、まあまあいいところに付けたかなとは思ったが、隣の選手にここまでボコボコ釣り負けるとはちょっとヤバイ展開だった。

 1日目は約180人中80人が検量した。

■2日目

 2日目は、なんと濃霧のため、スタートが遅れた。私がランチングした弧高森からはちょっと走ったところで霧が晴れて、大会会場の早稲沢では霧はほとんどなかったのだが、南のエリアが濃霧らしかった。

 8時に1度ミーティングがあり、さらに1時間待機することになり、9時のミーティングでエリア限定で試合を開催することとなった。

 1日目釣れたエリアには行かれない、悲しい展開となった。自分よりも、同エリアで上位に付けていた知り合いの選手の方がさらにショックだったのだが。

 しょうがないので、プラでまったく手ごたえのなかった(というか、ほとんどチェックしなかった)エリアで釣りをすることとなった。

 まずは西岸のバンクをミノー、ジグヘッドリグ、キャロライナリグ、ダウンショットリグなどでチェックしていったのだが、まもなく集中力が切れて移動。

 糠塚島のインサイドのフラットに入った。プラでも全くチェックしてない場所にはじめて入った。ここは風裏にもなり、また、前日のリリースエリアとも近いため、多くのボートが浮いていたが、ほとんど釣れていない様子だ。

 とりあえずジャークベイトで口を使うバスを探していったが、まったく反応なし。

 魚探を見ていると、3mレンジにウイードパッチがあったので、ダウンショットリグ、キャロライナリグでスローに探っていった。

 さらには糠塚島のバンクにあるブッシュをジグヘッドリグのスイミングで探ったり、いろいろやってみたが、ノーバイトのまま帰着。

 この日検量した選手はわずか20人。順位もそれほど落ちずに総合51位だった。

 写真はα-sightのチームメイトで初日3位の村中選手と

070520-1.jpg 070520-2.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。