2007年04月23日

JBマスターズ・イースタンリーグ第1戦河口湖【試合当日】

 1日目:ノーフィッシュ
 2日目:ノーフィッシュ
070421-2.jpg

■1日目

 今シーズン初のトーナメント。プラではちょっと手応えをつかんだつもりだったので、期待と不安でいっぱいだった。

 ただ、プラでたどり着いた白須にすがり付いてルアーを投げるしかなかった。

 スタートは、第1フライトの38番となかなかいい位置だ。ま、ピンだけを釣る訳でなく、シャローフラットを広範囲に探っていきたいので、フライト順はあまり関係なかった。

 河口湖大橋をくぐり、数秒プレーニングしただけでポイントに到着。これから帰着まで移動する予定はない。エレキを降ろし、ステイシー60、ミノーで探りはじめる。

 釣り方は主にスローリトリーブ。ポーズも多めで、デッドスティッキングをイメージした。

 朝からとにかく風が強かった。エレキから足を離すとすぐに流されて、風上にはジワジワとしか進んで行かれなかった。プラで釣り込んでいなかったら、さっさと風裏に移動したいと思うくらいの強風だった。

 シャッド、ミノーの他、スピナーベイト、KEITECHフットボールジグでもチェックしていった。場所が一ヵ所なので、せめてルアーだけでもローテーションしようと思い、いろいろ考えてきた。

 強風のため、ノーシンカーのようなライトリグはアプローチが厳しく、あまり出番はなかった。(上位入賞のためにはキーポイントになっていたようだが)

 しかし、バイトはない。っていうか、周りも全く釣れていない様子だ。

 シャッド、フットボールジグを中心に延々ルアーを投げ続けたが、ノーフィッシュのまま帰着に向かった。

 初日の検量はわずか28人。タフだとは思ったが、ここまで釣れないとは。。。2日目に釣れば挽回できると思ったのだが。。。

■2日目

 1日目のミーティングで急にルールが変更されて、エコタックルじゃなくてもいいことになったが、自分がやることは特に変えなかった。

 せっかくプリプラから組み立ててきたので、シャッドのパターンを押しとおすことにした。

 ということで、2日目も同じく白須台地に張り付いた。最終フライトだが、人が減っていてあっさり入れた。さすがに釣れないので、エリアを変更した選手が多いようだ。
 
 1日目より空いているので、より広範囲を探っていった。ルアーは同じく、シャッド、ミノー、フットボールジグ、スピナーベイトが中心だ。釣れていないので、交通事故を招くような、強めのルアーを使うようにした。

 相変わらず強い西風が吹いていた。1日目は、去年の秋に買ったほぼ新品のバッテリーだったのだが、2日目はだいぶ使い込んだバッテリーだったので寿命が心配だった。

 そうしたら、早くも10時過ぎにエレキがほとんど動かなくなってしまった。もう終わりって感じだったが、ここであきらめるわけにはいかない。

 クランキング用のバッテリーをつなぎかえるとエレキは動き出したが、この風でこのバッテリーまで使い切ってしまったら本当に身動きが取れなくなる。

 KBHに戻って、バッテリーを借りようかとも思った。上陸しなければルール上問題はないと思われる。

 ま、それもいけてないので、アンカーをうって釣りをすることにした。シャローフラットを狙っているので、四方八方にルアーが投げられるし、まあまあ釣りやすかった。

 エンジンで移動しながら何ヵ所かを探ってみたが、とうとうバイトがないまま帰着時間になってしまった。

 この日も検量した人はわずか22人。1匹でも検量できればチャンスだったのだが、去年のような結果は出せなかった。

 釣れないときこそ、釣れなくても、自分の釣りを押し通さない限り絶対釣れないし、とにかくやるだけやりきったと思う。

JBマスターズ・イースタンリーグ第1戦河口湖【プラクティス】

■プラクティス
 プラクティスは4/1、4/9、4/15、そして前日の4日間行った。

1.jpg
■4/1
 この日はチャプターがあったので、オレンジベルトで出撃。選手の邪魔をしないように、プラ開始。初河口湖だったので、景気付けに3/30に放流されたバスを10匹ほど釣ってみた。ほとんどが30cm以下なので、マスターズ戦には使えそうもなかった。場所は白須、さかなや、長浜だ。放流のバスは右の写真のように、長さは短いが、お腹がポッコリ出て太っている。某初心者のブログでは、これをプリスポーンのバスと勘違いしていた。。。。。

■4/9
 この日から本格的にネイティブ探し開始。漕艇場あたりの枯れたウイードについていないかなぁ?などと考えながら見に行ったが、減水のせいか、枯れウイードがほとんど見つからなかった。

 ウイードがないなら、岩に付くかな?と思い、溶岩帯を中心にチェック開始。

 前週、放流を釣った白須台地だが、ネイティブのプリスポーンに対しても良さそうな条件だ。水深1〜2mくらいのシャローフラットに岩が点在する。

 ここをステイシー60で探っていくと700gくらいのバスをキャッチ。さらにKEITECHのスーパーフットボール3/8ozにシリコンラバーを巻いたジグで1100gをキャッチ。

 ん、ここが本命かな?と思いながら他の場所も探ってみたが、バイトはなかった。

2.jpg 3.jpg

■4/15
 この日はイースタン戦があったので、11時から出船。イースタンはキーパーサイズが25cmなので、放流エリアを狙う選手が多かった。

 イースタンの帰着終了後、先週釣れた白須を釣り込んでいると、大会を終えた選手が何人も走ってきた。ひょっとしてこの場所から上位入賞者が出たのかな?と思ったら、優勝した北選手がこの場所で釣っていたらしい。

 余計に人が増えちゃうなぁと思いながら、別の場所もチェックして帰着した。ちなみにこの日はノーフィッシュ。

 写真は、スレでかかったプリプリのヘラブナと、桜祭りです。

4.jpg 5.jpg

■前日プラ
 河口湖に行く前々日になんと雪が降ったそうだ。
 メインのエリアは白須に決まりつつあった。この日から保安区域が設置され、JBルールでは15m以上沖は航路のため釣り禁止。釣りをする場所が限られるが、河口湖の中では大き目のシャローフラット+溶岩だ。

 この日はとなりの八木崎公園、丸栄、それから黒岩ワンド入り口、大石などをシャッドを投げながらバスが泳いでいないかを目視でチェックした。また、シラウオパターン用のノーシンカーリグのセッティングも詰めていった。エレキのバッテリーも弱ったので、2時頃早めに帰着した。

 写真は、行く前に交換したエレキのスイッチと、山に残った雪の写真。

6.jpg 7.jpg


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。